※ アイランドスタジオに関わりのある、
ミュー
ジシャン、デザイナーなどを紹介していきます。
クリックすると関連のHPにリンクしています。






 

江口信夫(ミュージシャン、ドラマー)

日本のトップドラマー、技術はもとより、センスがすごくいい、
知っている人は多いのでは? 名前の所をClick !!


太田健司 (ロサンジェルス在住、ミュージシャン)

アイランドスタジオ設立当時からの友人。名前をClick !!

rohe(ローエ)
彼らのこだわりにいていくのが僕の若さのバロメーター
Linkから彼らの音が聴けます。2014を普通に生き抜く若者達!!

金子 裕 (ミュージシャン、グラフィックデザイナー)

彼はヴォーカリストなんだけど、セッションすると最高に楽しい、
なんせ、ツェッペリン、パープル、エアロ、何でも歌えちゃう、しかもオリジナルキーで、
今はエアロのコピーバンド(エアロざます)をやっているようです。彼のもう一つの顔はギタービルダー

しかも最高の、、、レスポールタイプなんかは56年製みたいに
鳴ってしまう。

大友正明

20年来の知り合い、彼の弾くベースサウンドはどこかで必ず聞いているはず、
FunkBassと思っている人も多いかと思うけど、プロフェッショナルなので当たり前かもしれませんが、
なんでもOKで、引き出しが多い人です。ドラムの江口氏もそうですが、すごく大人のミュージシャンです。
頼めば個人レッスンをしてくれるそうです。(レッスン希望の方は連絡は当スタジオに)



JAM-TAKO

メンバーは♂1♀2のユニット形式で
60年後半、70年代、80年代のROCKを聞いていた人は、彼らのCDを聞いたら、
思わず微笑んでしまうことだろう、歌、演奏、は当然ながらバッチリ!!
2st 発売中

Stone Crazy

当初はStevie Ray Vaughan、Buddy Guy、Jimi Hendrix等のカバーを中心にしたBlues Rock Bandとしてスタート、
ブルースロックを基本にしながらもファンク、レゲエなどの 黒っぽい要素も多く取り入れ、
よりFunky&Powerfulなのりのいい演奏が真骨頂、また、オリジナル曲は完成度が高く、
詩の方もかなりのクオリティがある。「雨男のブルース、13号線」という代表曲がある。
とくに13号線などはブルースロックの日本語の歌詞では
最高の部類にはいるだろう。

13号線

Niizuma Nobuaki

以前はロックバンドでギターをやっていたが、ソロでライブ活動中、6年前にアイランドスタジオで録音、
特に詩のクオリティは素晴らしく、やはり数多くのレコーディングを手掛けてきて、詩が良いアーティストは印象に残る。
彼はその筆頭である。


RESET
橙色の入り江
僕らは男の子
ひとりぼっちの校庭
Love&Shine(TypeーB)